ピンキッシュボーテ 成分

MENU

成分の働きを徹底調査しました!

ピンキッシュボーテは、厚生労働省の薬事法で認められた、れっきとした医薬部外品です。医薬部外品とは?効能や効果が期待される成分が入っている事、その作用が穏やかに効能効果を顕わす成分である事が条件として謳われています。

 

ピンキッシュボーテには、ですから必ず効果を顕す有効成分が含有されている訳です。ではピンキッシュボーテに含有されている有効成分を見て見ましょう。@水溶性プラゼンタエキス、Aグリチルリチン酸2K、Bヒメフウロエキス、C水溶性コラーゲン等が、ピンキッシュボーテの有効成分たちです。

 

有効成分の働きを検証

 

有効成分の内@の水溶性プラゼンタエキスの働きは?
まずプラゼンタについて検証しますと、プラゼンタは日本語では胎盤という意味になります。人は母親のお腹の中にいる時、 胎盤を通じて栄養素や酸素を吸収し発育・成長します。胎盤の役割は、栄養や酸素を届ける以外にも、成長の為のホルモンの分泌や免疫機能のサポートなど重要な役割を担っています。

 

プラゼンタに含まれている栄養素を見て見ますと、@タンパク質、Aアミノ酸、Bミネラル、Cビタミン、Dペプチド、E核酸、F糖質、Gムコ多糖体、H脂質や脂肪酸、I酵素、JHGF・EGF・FGF等の成長因子等ですから、栄養素の殆どを含有していることが分かります。

 

またグリチルリチン酸2Kについて検証しますと、グリチルリチン酸2Kは別名をグリチルリチン酸ジカリウムといい、表皮細胞の炎症を抑える作用があると言われています。つまりターンオーバーの乱れから、表皮細胞が炎症を起こすのを抑制する働きがあるのです。

 

ヒメフウロエキスは、紫外線から肌を守り、肌老化を防ぐ作用があると言われており、水溶性コラーゲンは、肌の保湿効果やハリ・ツヤ効果に優れ、シワの予防もしてくれる成分です。コラーゲンは通常不溶性ですが、ピンキッシュボーテ含有のンコラーゲンは水溶性なので肌に浸透し易いのです。

 

女性のデリケートゾーンは、瞼の皮膚よりも薄くてデリケートだと言われています。少しの刺激や摩擦で炎症を起こし、その事が原因でメラニン沈着が起り、黒ずみとして残留するのです。ピンキッシュボーテの成分は、何度も試作を重ねた上で選定された、美白の為に選び抜かれた成分たちです。

 

ピンキッシュボーテは国内最高機関で認定された美白ケア商品です

 

デリケートゾーンは、刺激や摩擦に弱い部位ですから、少しの刺激や摩擦でも黒ずみ易いところです。刺激や摩擦を受けて黒ずんだところは、炎症を鎮静化させる必要があります。その上で刺激に強い肌作り(バリア機能強化)と保湿がケアが欠かせません。

 

ピンキッシュボーテ、成分のまとめ

ピンキッシュボーテの成分は、上記の成分検証でも分かる通り、生化学的に見ても、肌に悪い成分の含有はありません。医薬部外品というのは、穏やかに効果を表すものですから、ピンキッシュボーテを今日使用したから明日は効果が出るというものではありません。

 

少なくとも2・3ヶ月の継続使用で効果の出る商品ですが、それだけに肌のトラブルなどは無い、安全商品であると信じて良いでしょう。その為にピンキッシュボーテの公式ホームページでは、トクトク集中ケアコースを提供しているのです。

 

黒ずみで悩んでいる人の為に、とことん価格追求をして辿りついた結果の、価格設定と聞いています。バストトップの黒ずみだけでなく、ピンキッシュボーテは他の部位(陰部、脇の下、肘、膝など)にも有効と評判ですから、この際公式ホームページを早めにチェックすることをお勧めします。

 

ピンキッシュボーテトクトク集中ケアコースは初回実質無料!毎月先着100名様限定だそうです!思い立った時が吉日といいます。お早めに決断を!

 

>>ピンキッシュボーテの最安値はこちら